現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欲望、ザッピングの詩学、そしてスザクはなぜ「ウザク」か?:『コードギアス R2』

コードギアス 反逆のルルーシュR2』(谷口悟朗監督、2008年7月現在放送中)

★視点・補助線
・スザクが「ウザクとなる」理由。
・『コードギアス』のテーマは一体何であったのか?


(一部ネタばれあり)
■物語も後半に入り、キャラクター数もすでに多く、さらにその数を増す『コードギアス R2』。そこではキャラ描写も短時間の連続というスタイルになってきた。すでにこの時点で、われわれは『コードギアス R2』という「思い出共同体」の中で心地よい時間を過ごす「欲望する機械」と化しているといえるのかもしれない。「思い出共同体」に関しては、また別の記事内で書きたいと考えるが、ストーリーにせよ、キャラにせよ、短いコマの刺激の連続であり、いわばアメリカのニュース番組が数十年前に導入した手法、「ザッピング」を意識した短いニュースをテンポよく連続させるというものに同等する。

■今回は、キャラの中でダントツに人気がなく、第16話では「ひどくなじられた」スザクに注目したい。アニメ中でもこのキャラを「ウザい」と突き放したことには面白さがあるが、視聴者の反応の中でもスザクはウザく感じる人が多い。

■しかし、この欲望を満足させるためにどんどんと突き進む落ち着かない展開から一歩身を引いて考えてみた場合、スザクは最も有りうる精神構造を有しており、その中での葛藤しながらの矛盾した考えや行動は、むしろ「共感」を得てもよかったとも考えられる。しかし、そういった「リアル」は、刺激を重視して視聴者を飽きさせない本作の中では、スザクのことを「落ち着いて」考えるなんて不可能に近くなっているのだ。これは本作が、(穿ってみた場合に)客を釣るためだったとしても「戦争」をテーマとしている点もスザクと同じ立場に置かれている。「戦争」は第16話で「単純」になった点からもわかる。
そして、「シャーリーの死」の意味もかなり希薄化している。



にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ


スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/29(火) 01:23:33|
  2. コードギアス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「セカイ」を壊すリスク?

コードギアス 反逆のルルーシュR2』(谷口悟朗監督、2008年7月現在放送中)
ワールド・デストラクション』(御影良衛監督、2008年7月より放送開始)

■『コードギアス』はいわばセカイの改変もしくは破壊を、ゲームのルーラーとなった主人公ルルーシュが知略を以て目指すというストーリーだ。主役がゲームの支配者という設定自体が現代アニメーションのひとつの特徴だと多くの論者も指摘している。従来の作品では、自己の運命に抗うという設定が多く、いわば物語内でのルールの支配者は別に存在していたからだ。それは明示的はなく暗示的にである場合も多かったが。

■『コードギアス』で注意を向けなければならないのが、ルルーシュの世界変革はナナリーという妹のためであるということだ。むろんそこには自分のセカイの創出という目的を包含しているのだが、自分のセカイよりもナナリーのセカイを優先している点が、すでにルルーシュのセカイは開かれている。つまり、他人を取り込んだいわば共同体セカイの幸福の達成を秘めていたのである。

■現時点で、すでにルルーシュは、仲間のいるセカイを志向している。しかし、本来ゲームの支配者である彼が、他人をも含めたセカイを至上目的とするとすでに支配者としての権能は限定的、いやむしろその限界性ばかりが目立つものとなる。この場合、結局はルーラーは別に存在しているということになってしまう。

■また、かなりわかりやすく「セカイを壊す」という設定をもつアニメが、今期からはじまった『ワールド・デストラクション』だ。ゲームを原作(コラボ)とする本作品だが、この作品においても第一話からセカイを壊すことを目的とする準主人公(?)が、主人公を含んで仲間関係(パーティ)を組んでしまう。ここですでにセカイの破壊は仲間をも壊すというリスクをかかえているし、これ以降、この点に主題が置かれるであろうことは想像に難くない。『コードギアス』とまとめて注目してみたい。


★今日の補助線・視点
・ゲームの支配者は誰か
・他人のセカイと自分のセカイ



テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/08(火) 11:59:25|
  2. コードギアス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルルーシュにとってのギアス:コードギアス(1)

『コードギアス』(谷口悟朗、2006~2007)
公式HP
人を操れる力、ギアスを手に入れたルルーシュの物語の第一弾。

エヴァ以来、アニメの一潮流をなしてきた「セカイ」系作品のバックラッシュ的作品。つまり、「セカイ」の大きさに戸惑い悩む主人公ではなく、「セカイ」そのものを主人公が変えていくという設定。

もちろん、その中に悩みや葛藤なども表現されるが、妹ナナリーの幸せという絶対的な目的は固定されている。これこそがルルーシュにとっての「ギアス」だといえる。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/08/04(土) 09:31:27|
  2. コードギアス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。