現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ハルヒ』に見るヲタ・アニメの不可能性(2)

前の続き…

■「不可能な夢」を徹底させた『ハルヒ』には一種、決然としたものも感じる。いわば潔さだ。これが多くのファンを集めた理由なのかもしれない。最近はヤヤコシイ作品や説教くさい作品が「オタク」をめぐって出現している。例えば『げんしけん』『N・H・Kにようこそ』などである。→いつかコメントしたい。

■しかし、消費欲求の虜となったファンは動物的に次の刺激を求め続ける。これにどこまで対応していけるかが『ハルヒ』系アニメのポイントであろう。だが、ここでヲタの驚異的な「非生産的」な生産性を考えてみれば、これもさして問題ではないのかもしれない。つまり、彼らは『ハルヒ』を無限反復的にネットや同人誌などを通じた媒体で再生産し消費していくからである。出口の見えない消費行動だが、半永久的活動を可能にするだけのメディア(媒体)が世の中にすでに存在している。このことが現代アニメを考える上でも考慮すべき点であろう。
スポンサーサイト

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/06/14(木) 09:47:49|
  2. 涼宮ハルヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ハルヒ』に見るヲタ・アニメの不可能性(1)

『涼宮ハルヒの憂鬱』(石原立也監督、2006)
小説『涼宮ハルヒ~』シリーズが原作。

■このブログでは原作ノベルの評価ではなく、あくまでアニメ作品としての『涼宮ハルヒの憂鬱』について考えてみたい。当然、原作評価とも大いに重なるのだが…(キョン的口調)

■涼宮ハルヒはいわば「ツンデレ」を匂わす女子高生である。彼女に、主人公でストーリーテラーの男子高校生キョンがひきずりまわされるというストーリー構成だ。彼の周囲には、萌え系、無口キャラ(綾波レイ系)などのいわばヲタ好みな女性キャラが配列されているが、キョンは基本的には冷めた態度をとる。

■実はこの冷めがポイントで、いわば本作品が多くのヲタを惹きつけた点もここに拠っているところが大きいと考えられる。現実的に、ツンデレに関して、ツンに内向的なヲタがお近づきになりデレを拝めるかといえばほぼ不可能である。いわばツンデレとは妄想による虚像であるといえる。
そこで、もしキョン自身も内向的でコミュニケーション下手な「ヲタ」キャラだったとしたら、彼への没入度合いが大きくなってしまい、いわば「現実」を見せられることでヲタは興ざめしてしまうだろう。しかし、キョンが冷めているという、ヲタには「不可能な」性格を付与されていることにより、ハルヒへの没入度は画面の外、つまり各ヲタ個人の裁量に任されている構図である。

■『ハルヒ』について、その構成や画像などへの評価が高いことは認めるが、ストーリ的に語ることはほとんどないといってよい。つまり、どこかで聞いたような話をハルヒなどのキャラの絡みが引っ張っていくというどうしようもない内容である。ただ、話が飛び飛びだったりするのは、それこそ「ハルヒ」的破天荒さそのものであったりして面白いのだが。

■ここで確認しなければならないのは、私が「はじめに」で書いたようなアニメの奥深さと表現の自由さは、多くは彼ら(私も含め)「ヲタ」によって支えられているということだ。これは非常に大切なことで、視聴者が得られない映像文化は消費社会の中ではやはり生き残れはしない。視聴者を獲得するためにはアニメの武器である「不可能的な夢」などを売っていく必要もあるということである。

続く…

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/06/13(水) 07:33:17|
  2. 涼宮ハルヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。