現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『けいおん!』の遺したもの

『けいおん!』(山田尚子、TBS系、2009.4-6)

★「温かコミュニティ」アニメの到達点、その最終話(番外編)が示すものは?

■先日、京都アニメの人気アニメ『けいおん!』が終了した。第二期を待つ声も多いようだが、第一期ですでに「温かいコミュニティ」を描くアニメとして十分画期的アニメとなった。

■番外編と題された「最終話」後の話では、まさに番外としての『けいおん!』が描かれた。そこでは、各登場人物の各個人の悩み・チャレンジなどを中心に描くことで、まさに温かコミュニティを際立たせた構成となった。

■その中でも、りつのラブレター?そわそわ話は、いわば「温かアニメ」では女性教師キャラクター以外にはタブーとされる恋愛的要素を導入したものであった(結果はどうあれ)。また、アルバイトの話や一人旅などは、各個人の個性に焦点を当てたものである。

■この話は以後の温かアニメを暗示するような構造となっている。つまり、「軽音楽部」という共同体以外に彼女たちの別個性が描かれている点である。もちろん、こういうシーンが飛び出すようなアニメも多々存在したが、最後に描かれた「軽音楽部以外の世界」とのつながりへの暗示は、これからのこの種のアニメのヒントになっているのではないだろうか?

■つまり、「戻るべき共同体」は丹念に描きながらも、各自の所属する共同体にも言及されるような複層的な個人を描くという試みである。


スポンサーサイト

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/26(金) 18:19:01|
  2. けいおん!
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『けいおん!』:温かアニメとしての完成型

『けいおん!』(山田尚子、TBS系、2009.4-)

■『けいおん!』は、いちおうの最終話ということだった。第一話とのリピート効果をうまく使いながら、「はじめ」と「終わり」を主人公ゆいの独り語りによって、彼女の変わらない部分とそして変わったことを明確に表現しきったエンディングであり、ひとつの完成したかたちをみた思いだ。

■特に『けいおん!』は、温かいコミュニティを描くアニメが陥りがちな途中のだらけを生じることなく展開していった。原作も早い展開なのだが、しかし、アニメ製作者側が、アニメとして「温かさ」を繰り返しと変化の中で描ききった点は高く評価されるべきだろう。

■それは、次回が「番外編」としていることに明らかに示されている。つまり、今回で「ゆいの成長とあいかわらずさ」の演出で「最終話」としたことには製作者側の明確な意図があるからだ。


テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/19(金) 19:16:51|
  2. けいおん!
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

歌い踊るアニメオープニングの比較:『けいおん!』『バスカッシュ!』『夏のあらし!』その他

『けいおん!』(山田尚子、2009.4-、TBS系)
『夏のあらし!』(新房昭之、2009.4-、テレビ東京系)
『バスカッシュ!』(板垣伸、2009.4-、TBS系)

★今クール三作品のOP・EDなどについてやや感想めいたメモ+最後に分析を。

■これら今クール放送の三作品は、偶然にもすべて「!」マークの付く作品だが、それぞれその勢いをOPテーマにかけているような気がする。『けいおん!』では、主人公たちが演奏するという舞台での歌を採用している。『涼宮ハルヒ』『らきすた!』『かんなぎ』などを継承しつつも、さらにその亜種としての、主人公(たち)が演じるOPとして成功している。

■他方で『バスカッシュ!』は、アイドルグループがOPを唄いながら演じるというスタイルを取るが、意外性に乏しい。作画の美しさや歌と画像とのマッチングなどは良いと感じるのだが、すでに新境地を開拓された分野「演じるオープニング」ではインパクトが薄い。

■さらに『夏のあらし!』は「昭和」をイメージしたOPであり、主人公たちが歌うわけではないが、その歌『わたしだけにかけて』のインパクトと登場人物を幾度と繰り返し登場させる手法は効果的だ。ちなみにEDで主人公が歌うスタイルを採用しているが、キャラを明示するのではなく、暗示するような手法を取っているのでしつこさを感じない。

■さて、最後に昨今のOP・EDの特徴だが、主人公たちが「まったり、あったかい世界」をアニメ内で展開する作品では、彼女たちの世界に没入させるためにOPですでに彼女たちが前面に出て「大活躍」するわけである。その意味でも『バスカッシュ!』はそのレールに乗っていない作品であったことが、このOPの差にあらわれている。


テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/08(月) 23:12:20|
  2. けいおん!
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『けいおん!』と『らき☆すた』:先生や郷土についてのメモ

『けいおん!』(山田尚子、TBS系、2009.4-)
『らき☆すた』(山本寛、武本康弘監督 2007)

■「やんわり、温かコミュニティ」を描いているよう作品では、共通した女性教師の役割がある。まず、彼女たちに「外部」を提示する、教師として普通の役割だ。『けいおん!』の場合は、顧問である山中さわ子が音楽指導も一部では行う。『らき☆すた』の場合は、主人公たちを旅行に連れていく同伴者としてである。しかし、その導き手としての役割よりも、彼女たちがむしろ彼氏なしの「主人公たち女生徒」の側に立っている点が重要であろう。外部者(庇護者)でありながらも、主人公たち高校世代の設定と同様にセクシャルなものを脱色させられた存在は、主人公たちが形成する争いのない「温かいコミュニティ」を補強しているのである。

■すでに指摘されているように、『らき☆すた』は埼玉県春日部市付近を、『けいおん!』は京都市を舞台にストーリーが展開していく。特に具体的な叙述はないものの、舞台を郷土に設定することは、土地という「確かさ」がフィクションである物語に影響を及ぼしている。それは、おそらく「やんわり、あたたかコミュニティ」とも関連しているのではないだろうか。


テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/12(火) 01:17:49|
  2. けいおん!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。