現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東京マグニチュード 8.0』:最低のファンタジーとアニメの敗北宣言

『東京マグニチュード 8.0』(現在、第3話まで視聴)

■『東京マグニチュード8.0』に絶望した。本作は題名のとおり「地震」を扱ったアニメであり、「ファンタジー要素」を取り除き、リアルを追求した作品とのことだ。ご丁寧に各話の最初に、「リアリティを追求」などの説明文も入るくらいである。

■これを「アニメ・リアル描写」の新次元だとも捉える方もいるだろうが、私はそうではない。できの悪い政府広報アニメか、平和教育アニメの要素が強い。以下、理由を述べたい。

■まず、リアリティを追求したのは「技術面」だけで、心情描写などは非常に薄っぺらで、主要人物以外は「障害物以外の何者でもなく」描かれる。これは「実際の」災害時に大切な人々の協力関係や連帯などを、本アニメは想定せず、それは「リアル」の埒外に置かれているのだ。とりあえず、第3話までなので、これに関しては以降の展開に期待したい。

■また、技術面のリアリティも疑わしい。OP曲中で破壊される、渋谷、東京大学、東京タワーなどの破壊はそれぞれの象徴するイメージと結びついている。たとえば、繁栄、権威などであり、東京タワーは「東京」そのものであろう。そして、作中ではレインボーブリッジなども崩壊する。しかし、いつまで経ってもフジテレビ社屋は傷一つないではないか・・・。むしろ、これはかなりの「ファンタジー」だ。ネット上のチェックがまだだが、おそらく多くの人が突っ込みを入れている点であろう。

■私が「アンチ・フジ」で、こういうことを意見するわけではない(実際にノイタミナ枠は良作が多い)。あくまで、フジの無傷である描写がこのアニメの出来の悪さに関連していると思うのである。それは、のっぺりとした単純図式、絵だけは凝っているが「見せよう」としすぎで、お腹いっぱいな感じになる画面構成などと通底している。つまり、目一杯で作っていて、表現の隙間や余裕がないのだ。逆にいえば、フジテレビ制作だから「自社屋を倒壊させるのはまずいだろう」的な考えが、おそらくはサッと通っているのだ。なぜなら、第3話最後の予告編前シーンで光り輝く無傷のフジテレビが映し出されており、「真面目に」災害を扱った態度とは思えない。そこでは、「不真面目」そのものがダメなのではなく、「真面目に作ろうとしているフリ(テーマやリアリティの追求という語)をしていて、真摯に表現していない」ことが救えない点なのだ。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/08/08(土) 01:18:10|
  2. アニメ産業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ施設、漫画家ら討論:NHKニュースより

NHKニュースより一部引用
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013438931000.html#

日本のアニメや漫画などの情報を発信しようと政府が計画している施設について、漫画家や研究者などによる討論会がおこなわれ、「どのような施設にするのか、内容について具体的な議論を進めていく必要がある」といった意見が交わされました。
(中略)
討論会では、「ハコモノをつくるのではなく、アニメの制作現場の労働問題の改善に予算をかけるべきだ」という指摘に対し、「現場の厳しさは理解するが、労働問題と文化の保存は別の議論ではないか」といった意見が出るなど、計画をめぐって活発な議論が交わされていました。



■本来は文化の保存とその労働者(製作者)の問題は、別問題ではない。たとえば、「真逆の例」ともいえるが、すたれゆく日本の伝統工芸は、職人たちの労働状況が閑却され、その環境(給料も含めて)が悪くなったことが原因ではないのか。

■「国立メディア芸術総合センター」が国家予算を117億円をかけて建設されるなら、その中の部門で「アニメーターをめぐる環境問題」を扱ってもよいのではないだろうか。

■多くの芸術・表現者系にビンボーはつきものだが、すでに巨大資本のモーターで動いているアニメ業界では、職場における自己の決定権が少ないゆえに、大きな観点から労働状況を問題視する必要が出てきているのはいうまでもないことだ。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/05(金) 20:55:48|
  2. アニメ産業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメなど発信拠点に意義:NHKニュース

塩谷文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で、国が建設を予定している日本のアニメや映画などの情報を発信する国立の拠点施設について、「世界から評価を得ている分野を国が支援することが必要だ」と述べ、建設の意義を強調しました。
(NHKニュース(2009年5月26日)より一部)
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013223691000.html

■無駄使いかどうかは今後の方針次第だが、アニメーションが「国民的」になって逆に自由度が減ったり、質が下がったりしないかと危惧する。

■また文科省や経産省内のコンテンツ産業利権に絡んだ官僚たちの利権争いではないか、という問題もあり、今後を注視したい。


テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/26(火) 12:46:16|
  2. アニメ産業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アニメの若手 年収100万円」NHKニュース

(NHKニュースより一部抜粋)

海外でも高い人気がある日本のアニメ産業の労働環境をめぐるシンポジウムが東京で開かれ、20代の若手スタッフの平均年収が100万円余りで、優秀な人材が育たないなど、問題を訴える意見が相次ぎました。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013162781000.html#

■(6月1日に追記)
若手が年収100万円というのは明らかな「冷遇」である。アニメは総合「芸術」であるがゆえに、製作費をいかに回していくかが上層部の関心事になるのは理解できるが、それゆえに「下請」が差別される体制が生まれてしまう。絵の美しさはアニメーション、とくにアニメファンにとって重要なのだろう。メディアミックスして大きく商売を展開することで生まれた利益をスタッフに「還元」することは不可能なのだろうかと考えてしまう。

■しかし、アニメーターは微妙な立場に立たされている。賃上げを要求すれば、首をきれられてしまうだろうし、実際に賃上げされれば、労働力の安い地域に仕事が回され、自らの首を絞めかねない。アニメーター内だけではなく、包括的に他分野の人たちの関心を勝ち取り、社会全体でこの問題を考えていかねば、解決の道などないだろう。

  1. 2009/05/23(土) 21:05:04|
  2. アニメ産業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。