現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

止まることはできないならば想起せよ:『神霊狩Ghost Hound』

『神霊狩』(2007~2008年)

■先日終了した『神霊狩』だが、昨今のアニメーションとしてはかなりメッセージ性の強い部類に属する作品であった。

(以下、ネタバレあり)
■21世紀に入り、さらに大きくそして速く変化を遂げている分野がバイオテクノロジーであることは確かだ。とくに遺伝子をめぐる問題や、最近話題のES細胞研究などは生命観すらを大きく変えてしまえ兼ねない発明といえる。

■日本政府が巨額の助成金支出を決定した京都大学のiPS細胞研究なども同様である。すでに理論上では、ヒトはヒトのクローンを作ることができ、また、男性は男性単体で子供を産んだり(逆も)する可能性もある(『マクロス』の世界?)。生命観といえば、本作で出てきた、人の臓器だけを作りだす脳のない培養体などは、まさにどこまでが生命で、どこからが非生命であるかという問題を突き付けてくる。

■そこで通常登場するのが、哲学・倫理学者や社会学者などだが、本作『神霊狩』では人類学・民俗学などの観点から、この問題へとアプローチしている。つまり、科学技術の発展は、歴史が証明しているように不可避であり退行できないものであるならば、常に「想起」しつづけることが必要となるというメッセージである。何かを忘れてしまって、新たな時代に突き進むならばそれを本当に「進化」や「発展」といえるのかという問いもここから思い浮かんでくる。
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/04/08(火) 01:04:49|
  2. 神霊狩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セカイに飽きたら戦争しろ?:『機動戦士ガンダムOO』

機動戦士ガンダムOO』(水島精二監督、2007~2008年)

■本ブログでも注目していた『ガンダムOO』だが、キャラの死のショックなどによって話をつなぐ手法を取っていることに対してはもっと厳しく批判してもよいと思う。結局、最初に予想したように第一シリーズでは、かっこいいキャラたち、かっこいいモビルスーツが目白押し(※かっこいいことが悪いわけではない)で、ストーリーは戦闘とキャラの死などによって緊張感を保つ戦略をとり続けていた。

■こうした飽きさせないことにだけ終始して、ストーリーに余白がなかったり、メッセージが一辺倒であった点が、現代の消費型アニメを端的に表している。

■ストーリー面での批評ポイントとしては、戦争によって戦争を根絶するという大きなテーマがあったわけだが、いかにフィクションといえどもキャラクターを無駄に殺戮するシーンなどがあり、あまりこのテーマに真剣に切り込んでいこうとする姿勢は感じられない。

■唐突だが、映画『パトレイバー』では戦争との距離が遠のいた大都会東京において戦争を身近に感じさせるために、戦争状態を引き起こすというストーリーがあったが、『ガンダムOO』では戦争そのものは結局遠くにあるもので「戦争してもいいんじゃない」的な現代の風潮に反論するほどの物語力を持ちえていなかった。もちろん、監督はそんなことを意図していないと言われればそれまでだが、「戦争」をテーマとする以上、同様のテーマを扱う他作品と比較される。そこで以上のように評してみた。第二部に期待したい。

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/04/07(月) 02:22:04|
  2. 機動戦士ガンダム00
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コトバからキモチへ、想像を現実につなぐ:『キングゲイナー』

『Overmanキングゲイナー』(富野由悠季監督、2002~2003年)
HP:http://www.wowow.co.jp/drama_anime/king/

■本作は、明るい富野作品として知られる。つまり、終盤でのメッセージ性のある「死」以外は、「死」の匂いは薄められており、また「敵を倒す」や「戦争する」ことが目的なのではなく、「エクソダス」をテーマとしている点も特徴的だ。

■当然、この「エクソダス」がキータームとなる。そして、エクソダスを逃亡としてネガティブに捉えるのではなく、新たな一歩、希望あふれるものとして伝えている点に注目したい。コトバを感じられればチカラであるとオープニングテーマでも歌われているが、そのまま本作内部にこのメッセージが埋め込まれている。

■特に印象的であったのは、アニメやゲームを悪魔視する現代メディアなどに対する批判と同時に、視聴者(アニメファン)に対する強いメッセージだ。つまり、2007年には顕著だったが、残虐殺人事件が発生したらそのアニメ・ゲームが非難される現状に対して、そして、一般的に自分の(想像)世界の中で遊ぶのが好きなアニメファンの性格に対してのメッセージだ。それは、「アニメやゲームのフィクション」も現実へとつなげる想像力を持っていればチカラとなるというものである。

■最近の「~ねばらない」「~てはならない」型の窮屈な現状から、ポジティブにエクソダスを実行することへの勇気を感じさせてくれる良作であった。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/04/06(日) 02:17:42|
  2. 伝えようとするアニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。