現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦争・国家・アニメ(2):『二十面相の娘』


『二十面相の娘』(富沢信雄監督、2008年8月現在放送中)※少しネタばれあり

★視点・補助線
・戦争を描くアニメに生じている情報の真空


■「戦争・国家・アニメ」というテーマで最初に取り上げたいアニメは、現在放送中の『二十面相の娘』である。まだ終了していない作品であるので、ストーリー面での総括などはできないが、「二十面相」が関わった日本軍の兵器開発が大きな意味をもっていることは確かだ。ちなみに「日本軍」という点は巧妙に表現が回避されている。

■本作では、戦争の苦難や被災などの描写もちらほら出現する。しかし、そこで決定的に抜けているのは、「誰と戦争をしていたか?」「誰が誰を戦争に向かわせたか?」「誰がどこで戦争をしたか?」などの基礎情報である。これを混ぜ込んでしまうと戦争のリアルさが前景に出てうるさくなり、ストーリー面に支障をきたしたりする。また製作サイドにも視聴者を「ウンザリ」させてしまうという判断が意識的か無意識的かに作用しているといってよいだろう。いわば、タブー化作用と言えるだろうか。

■アニメをはじめフィクションからニュース・ドキュメントに至るまですべて選択的に仮想空間を構築していく。『二十面相の娘』はナイーブにも戦争を扱うことで、ストーリーバランスを崩さないように気を付けている点で、従来のアニメのパターンを踏襲している。しかし、見ようによっては時代が流れ、現在2008年になり、現実に戦争体験者が減少する中で、「戦争の歴史」を扱うことの難しさと、証言者の減少と反比例してナイーブさも増すという事実の現れがここにあるのかもしれない。

■ほかにも戦争話の比重が大きくなると、「少女探偵団」の明るい活躍なども面白く描かれるのも心理的なバランサーが働いているのではないだろうか。

■補足だが、『ゴーストハント』(2006-2007年)の18話から21話まででも戦時中の「人体実験」の話があったが、『二十面相の娘』同様に、誰が犠牲者だったかは語られていない。「人体実験」された人たちは、「価値の低い、もしくはない」生命とみられた人々のわけだから、少し想像すれば犠牲者像のいくつかのパターンは思い浮かぶだろう。『二十面相の娘』では、空根探偵の戦災描写などの「犠牲」は描かれているということと対照的である。




にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
スポンサーサイト

テーマ:二十面相の娘 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/08/13(水) 12:05:21|
  2. 戦争・国家・アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

戦争・国家・アニメ(1)

■もうすぐ、63回目の終戦の日である8月15日を迎えるわけだが、昔から関心をもって考えていたテーマ「戦争・国家・アニメ」について、覚書なども含めて記しておきたいと思う。

■まず前提として、アニメは仮想世界を描写するものであり、その中に現実の情報がどの程度含まれているかの割合によって、現実との距離が作られている。その中で「戦争」というテーマは、ファンタジー世界の戦士・魔法使いの戦争から、変形ロボットの戦争まで様々である。ただ、実在の国家「日本」「アメリカ」などなどが舞台として登場し、その中で実在もしくはそれの近未来的な発展モデルの兵器を用いた戦争を扱ったものも存在する。今回はこれをテーマとしたい。

■また消費側の事情として、アニメを見て気持ち悪くなりたくないという人が大半であるという現実もある。戦争などの「重い」テーマはあるときにはアニメを見て気分を害するという状況がありえるので従来はかなり慎重に扱われてきた。もちろん、20年以上前にも多くの作品が戦争を扱ってきたが寓話・暗示的に扱われることが多かった。たとえば『鉄腕アトム』『サイボーグ009』、ロボットアニメだがサンライズ系の『機動戦士ガンダム』などである。これにはいわゆるアニメ視聴者(昔は10代までが大半)の親が戦争体験世代やその二世であったということも関係しているだろう。

■時代の流れとともにアニメ制作者側も視聴者側も、世代が若くなり、記憶や生活の中での戦争は、徐々に「イメージ上」の存在となった。簡単にいえば国家と戦争をテーマにするのに抵抗がなくなってきたというべきだろうか。そこで2008年の現代アニメからいくかの「戦争・国家」を取り扱ったアニメについて考えたい。これらには戦争、日本、アメリカなどが間接的・直接的に語られているのである。

・『二十面相の娘』
・『ストライクウイッチーズ』
・『狂乱家族日記』
・『コードギアス 反逆のルルーシュR2』




にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/08/11(月) 12:08:18|
  2. 戦争・国家・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

精巧な戦闘空間に明確なメッセージ:『ソウルイーター』

『ソウルイーター』(五十嵐卓哉監督、2008年8月現在、18話まで放送中)

★視点・補助線
・ソウルイーターの空間描写の特性とは何か?
・魂に届くメッセージはいかに放たれているか?


■ボンズの送る2008年の長編力作が『ソウルイーター』だ。各回の最初に述べられるように「健全な魂は健全な肉体と健全な精神に宿る」というのが大きなテーマである。

■作中ではまさに観る側の「魂」に語りかけるようにストレートにメッセージが放たれていく。特に強い心とは何か?弱い心とは何か?が象徴化されて繰り返される。だからといって、単調でもまた重い感じでもない。ポップな画面や会話のやり取りが行われるということも、それに寄与しているが、とりわけ画面の流れ方が視聴者を惹きつけるし、同時にメリハリがあって集中して鑑賞できる作品である。

■まだ18話であり、おそよ残り三分の二ほどがあるのでストーリー面では、大化けするか停滞するかまたは下降線をたどるかは不明であるが、画面のメリハリだけに頼る構成を超えてストーリー面での深みが増せば本当にすばらしい作品になるだろう。とにかく、2008年度のいずれかのアニメ賞に名を連ねる可能性はある。もちろん、賞が全てではないし、賞を獲る作品が必ずしも素晴らしいというわけではないのだが。




にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ

テーマ:ソウルイーター - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/08/09(土) 00:06:06|
  2. ソウルイーター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乙女の園は「感染」する:『マリア様がみてる』

『マリア様がみてる』(ユキヒロマツシタ監督、2004年)

★視点・補助線
・『マリみて』におけるコミュニティの閉鎖性の効果
・マリア様とは何か?


■『マリみて』と呼ばれる作品。原作は少女小説。これも根強い人気を得ている。設定を簡単に説明するとお嬢様私立高校の先輩後輩物語なのだが、彼女たちの先輩後輩関係(お姉さまと妹(スール:仏語))の「カップル」を細やかに描くことで、お嬢様として各キャラがうまくキャラ立ちしている。この物語の「感染力」は凄まじい。これは、こだわりをもって何重にも張り巡らされた「閉鎖性」が原因であると思われる。以下にその要素を列挙する。

・私立女子高の規律と閉鎖性(マリア様はその規律・見えない監視者の象徴だ)
・他者を幾分寄せ付けない感じの先輩後輩(恋慕、そして言わなくても分かりあう仲)
・生徒会本部という限られた空間
・富裕層という限定的な社会階層を描く
・お嬢様女子高生の心理描写という限定性

以上にこだわって描くことで、その「コミュニティの温かさ」が一種の究極的な形で表現されている。

■最近話題にしてきた「思い出共同体」が象徴的に示されている点も補足したい。それは結局は「思い出共同体」とは辿りつけない理想形であるということから、『マリみて』の場合、それを極端な形で、ある意味わかりやすく、「辿りつけない共同体」の現実とその魅力を示している。




にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ

テーマ:マリア様がみてる - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/08/08(金) 11:03:45|
  2. マリア様がみてる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。