現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめに

■日本の現代アニメーションは活況を呈しているといってよいだろう。ただし、その大多数が消費欲望を満たすための道具だが、中には優れたアニメ作品が存在している。
これには幾分、映画やテレビドラマが同一テーマ、表現形式の再生産に完全に陥ってしまっていることが影響しているといえる。日本の映像文化のポピュリズムは危機的状態である。特に新たな視点の欠如やいくつかのタブーの存在とそれに抵触することを極端に拒否する状況は異常といってよい。
そんな状況の中で、アニメは映像表現の残された実験的活動域として重要な位置を占めていると考えたい。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/13(水) 06:18:24|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現代アニメの出発点としてのエヴァ考 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/1-50fcc29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。