現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精巧な戦闘空間に明確なメッセージ:『ソウルイーター』

『ソウルイーター』(五十嵐卓哉監督、2008年8月現在、18話まで放送中)

★視点・補助線
・ソウルイーターの空間描写の特性とは何か?
・魂に届くメッセージはいかに放たれているか?


■ボンズの送る2008年の長編力作が『ソウルイーター』だ。各回の最初に述べられるように「健全な魂は健全な肉体と健全な精神に宿る」というのが大きなテーマである。

■作中ではまさに観る側の「魂」に語りかけるようにストレートにメッセージが放たれていく。特に強い心とは何か?弱い心とは何か?が象徴化されて繰り返される。だからといって、単調でもまた重い感じでもない。ポップな画面や会話のやり取りが行われるということも、それに寄与しているが、とりわけ画面の流れ方が視聴者を惹きつけるし、同時にメリハリがあって集中して鑑賞できる作品である。

■まだ18話であり、おそよ残り三分の二ほどがあるのでストーリー面では、大化けするか停滞するかまたは下降線をたどるかは不明であるが、画面のメリハリだけに頼る構成を超えてストーリー面での深みが増せば本当にすばらしい作品になるだろう。とにかく、2008年度のいずれかのアニメ賞に名を連ねる可能性はある。もちろん、賞が全てではないし、賞を獲る作品が必ずしも素晴らしいというわけではないのだが。




にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
スポンサーサイト

テーマ:ソウルイーター - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/08/09(土) 00:06:06|
  2. ソウルイーター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦争・国家・アニメ(1) | ホーム | 乙女の園は「感染」する:『マリア様がみてる』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/100-7d814559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。