現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『シャングリ・ラ』:アニメの中で分断される世界

シャングリ・ラ』(別所誠人、テレビ東京系など、2009.4-)、『バスカッシュ』(板垣伸(河森正治原作)、TBS系、2009.4-)、『カイバ』(湯浅政明、WOWOW、2008.4-7)

■2000年代(ゼロ年代)以降のアニメにおける世界設定へのメモ

■2008年~2009年の三作品『シャングリ・ラ』『バスカッシュ』『カイバ』では、いわば上層と下層に分断された世界設定用いている。下層世界の住民は貧しく、しかし、最後の一片の良心をもつという清貧なイメージを付与させられるのはよく用いられ、手塚治虫『メトロポリス』などでも用いられているオーソドックスな設定でもある。

■そのクリシェを除いて考えてみた場合、08-09のこの3アニメには、「上下」の対話、または下層のみじめさ以上の嫌らしさも描こうとしている。

■『シャングリ・ラ』では下層世界の住民が下層にとどまることを望み、抵抗運動への非難が描かれていた。今後の進展がどうなるかは不明だが、「くじ引き」によって上層世界へと「選ばれる」システムは示唆的でもあり、そういう管理システムには注目したい。

■『バスカッシュ』では、下層世界の混沌とした感じを描くまでにしかとどまっていないがこちらも期待してみてみたい。

■『カイバ』では、下層・上層を越えたところに「記憶」と要素を介在させて、普遍的な視点を勝ち取ろうとしている。また、記憶が共有物(公的資源?)となって、全存在がネットワーク化され平等になったはずの世界にも下層・上層が存在している。この点ももう少し考えてみる必要があろう。


スポンサーサイト

テーマ:シャングリ・ラ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/25(土) 21:37:30|
  2. 理論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ハチミツとクローバー』(2):竹本祐太の青春 | ホーム | 『東のエデン』(第三話):世界を憎むことと責任から逃避すること>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/108-c75e4a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。