現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『まりあ✝ほりっく』:ものすごいメッセージ

『まりあ✝ほりっく』(新房昭之、テレビ東京系列など、2009.1-3)

■『まりあ✝ほりっく』(以下、『まりほり』)は、マンガ原作で気鋭の新房監督アニメだ。その独特な脚色で有名なこの監督だが、本作も「見せる、魅せる」ことに徹底した演出であった。

■ここで一番注目したいのは、オープニング曲「Hanaji」の演出である。曲の勢いもカッコ良くて(シャッフルリズム)いい感じだが、OP中に流される画像とメッセージと歌詞の関係に特に注目したい。

■歌詞は主人公、宮前かなこ(百合趣味、もっといえば同性愛者)の気持ちをストレートに歌詞に載せ、アニメ主題歌としては王道を行くくらいの立派なものだ。OP動画中には、ある語句がフラッシュして何度も映し出される。例えば、まず、"Life is Beautiful. Flower is Beautiful"という表現。花は、「百合趣味」「女性」などを示し、それが生きることが素晴らしいにつながり、"No More War""Love and Peace"のメッセージで非戦を歌う。実はすべてはつながっていて、百合趣味、レズビアンでもそれは生き方として肯定され、また、その勢いで戦争「なんか」も吹き飛ばしているのである。※もちろん、かなこと鞠也の「戦争」も表現しているわけだが。あと、H→Sketch→One Touchも懐かしい。

■くそ真面目に「生き死に=戦争」を語るのではなく、「好きなものは仕方ないでしょ、それを楽しく肯定して生きていけばいいじゃん」という、サブカル的な立場のメッセージが放たれている。こういう明るさは現代日本の平和運動や女性解放運動に残っているだろうか?1968年前後の学生運動やその後のウーマンリブでも、ジョン・レノンたちが歌で「平和」をうたったことには言葉を超えた何かがあったのに、すでにそれを忘れ去っているのではないか、などと語っているようだ。

■このようにカウンターカルチャーを用いた強烈な批判は、おそらく製作者サイドの意図したものだろう。また、この意味でも、アニメという表現を通じて『まりほり』は一段と深まっている良作である。、これは新房監督の現在監督作品『夏のあらしっ』にも色濃く映し出されている。この作品についてはまた考えたい。





まりあ†ほりっく OP(2話から)

スポンサーサイト

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/29(水) 02:20:24|
  2. 戦争とアニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『シャングリ・ラ』第5話:「で、しあわせ?」 | ホーム | 戦場のヴァルキュリア:「戦場」の中途半端>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/112-074cf284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。