現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『スカイクロラ』:そのメッセージ

『スカイクロラ』(押井守、2008年)

■『スカイクロラ』は押井監督の最新作であり、2008年の期待作であった。正直、監督が気負いすぎている部分があり、衒学的にすぎる表現が連発するので、以上に困難な作品になっている。

■まず、セリフの少ない(沈黙シーンの多い)本作では、メッセージが意外なほどに直接的に伝えられる。それは、ひとつはあまりにも単純なメッセージ「人は、どこかで戦争が起き、そこで誰かが死んでいないと平和の意味すら忘れてしまう」というものだ。押井監督が対談本『戦争のリアル』などでも言及していることだが、やや単純な平和・戦争観である。なぜなら、人々は、むしろどこかで戦争が起きていても、知覚することはなく、また、空襲下にも日常生活があるように、「戦争が起きている=平和の意味を知る」という図式よりはもう少し複雑な世界に生きているのである。

■もうひとつは、「キルドレ」は永遠に子供のままで生きるがゆえに、過去を持たない。いや実際には過去があるのだが、過去は彼らには意味をもたない。これは現実でも、子供(幼児)が「時・場所」を超越した現在意識を持つことと同じである。この「キルドレ」の特性がどのようなメッセージにつながっていたかという点は、まだうまく言葉にできないので、(二回見たけど)もう一度観る必要があるのかもしれない。


■メモ:ティーチャー(教父)は、システムとして彼らに立ちはだかる。システムに逆らう意思とそれに打ち砕かれる現実が描かれる。

■メモ:空の美しさを、人が死ぬ場として残酷なものとして描く。


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/01(月) 00:58:25|
  2. 空とアニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アニメ施設、漫画家ら討論:NHKニュースより | ホーム | アニメ内の学園都市について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/122-fb1144d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。