現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『東のエデン』:前半の「リアル」と後半の「フィクション」

『東のエデン』(2009.4-、神山健治監督、フジテレビ系列)

★前半の「リアル」が、後半の「フィクション」を喰っているのではないか(第9話まで)。

■『東のエデン』は、今クールで一番注目している作品だ。しかし、多くの視聴者は第5話あたりからのえもいわれぬ違和感を抱き始めているのではないだろうか。

■その原因のひとつが、前半の「リアル」表現が後半の「フィクション」表現に影響を及ぼしているせいではないかと思う。たとえば、前半には「アメリカ・ホワイトハウス」「就職活動」「パン屋」などのわれわれの住む「現実社会」に関連した舞台装置が登場した。その中で「迂闊な月曜日」と言われるミサイル事件などのフィクションが「リアル」に接合された形で不思議な感覚を生みだし、それが効果的であった。

■しかし、第五話付近から物語の決着をつけるべく種明かしをしていく過程で、前半の「リアルさ」からあまりにも乖離した「フィクション」が描かれだされた。悪く言えばご都合主義的な表現が連発したということであろうか。たとえば、セレソンの一人、白鳥・D・黒羽などの登場する回などである。

■もうすでに前半の「リアル」さは後半のやや破天荒な表現を物語世界につなぎとめておくことができなくなった。第8話―9話で「京都」という場が出現し、「リアル」を演出しようとするが、すでに離陸したフィクションをつなぎとめることはできていないのである。

■「リアル」と接合された装置の出現を、第10話、11話で期待したい。もしくは、必要なのは中途半端さを避けるためのあっと驚くフィクションだろうか。ここで試されているのは、School Food Punishmentが歌うEDテーマ『Futuristic Imagination』、まさにその想像力なのである。


スポンサーサイト

テーマ:東のエデン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/06(土) 00:43:22|
  2. 東のエデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<歌い踊るアニメオープニングの比較:『けいおん!』『バスカッシュ!』『夏のあらし!』その他 | ホーム | アニメ施設、漫画家ら討論:NHKニュースより>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/123-bc381bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。