現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『けいおん!』の遺したもの

『けいおん!』(山田尚子、TBS系、2009.4-6)

★「温かコミュニティ」アニメの到達点、その最終話(番外編)が示すものは?

■先日、京都アニメの人気アニメ『けいおん!』が終了した。第二期を待つ声も多いようだが、第一期ですでに「温かいコミュニティ」を描くアニメとして十分画期的アニメとなった。

■番外編と題された「最終話」後の話では、まさに番外としての『けいおん!』が描かれた。そこでは、各登場人物の各個人の悩み・チャレンジなどを中心に描くことで、まさに温かコミュニティを際立たせた構成となった。

■その中でも、りつのラブレター?そわそわ話は、いわば「温かアニメ」では女性教師キャラクター以外にはタブーとされる恋愛的要素を導入したものであった(結果はどうあれ)。また、アルバイトの話や一人旅などは、各個人の個性に焦点を当てたものである。

■この話は以後の温かアニメを暗示するような構造となっている。つまり、「軽音楽部」という共同体以外に彼女たちの別個性が描かれている点である。もちろん、こういうシーンが飛び出すようなアニメも多々存在したが、最後に描かれた「軽音楽部以外の世界」とのつながりへの暗示は、これからのこの種のアニメのヒントになっているのではないだろうか?

■つまり、「戻るべき共同体」は丹念に描きながらも、各自の所属する共同体にも言及されるような複層的な個人を描くという試みである。


スポンサーサイト

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/26(金) 18:19:01|
  2. けいおん!
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<『東京マグニチュード 8.0』:最低のファンタジーとアニメの敗北宣言 | ホーム | 『けいおん!』:温かアニメとしての完成型>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/129-e4fb80df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) けいおん! 第13話(番外編) 「冬の日」

けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る 先週が最終回で、今回が番外編。さあ、けいおん!もこれで見納め!篤と楽しもうではありませんか~!! ☆<6/27更新>前回、けいおん!(第12話 「軽音!」)の感想をポットキャストにて収録! 「最終回は花田さん...
  1. 2009/06/27(土) 14:00:54 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。