現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『戦場のヴァルキュリア』:フィクションと死

『戦場のヴァルキュリア』(山本靖貴、2009年)

■『戦場のヴァルキュリア』、ついに終わったが、やはり「戦場」を冠する資格のないアニメに終わった。つまり、フィクションだからと言って「人の死」をコケにし続けたことで、ストーリーそのものも平衡感覚を欠いたものとなってしまった。それが各所のキャラクターの「薄さ」に繋がっていた。

■キャラクターに一種の独立したオーラ(一回性のアウラ?)が備わる時に、その作品の登場人物に惹かれるのであり、主人公グループだから戦場でなんでもアリ的な展開になってしまうとストーリーの締まりがなくなってしまう。逆に「イサラの死」も無駄に話数を消費しただけで、重みのないものとなってしまった点も象徴的だろう。

■今クールはキャラクターの心理を丁寧に描いた作品(『青い花』、『東京マグニチュード8.0』(の終盤だけ))とか、があっただけに、『戦場のヴァルキュリア』でもそこの点を期待したのだが…。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 03:06:54|
  2. 戦争とアニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『君に届け』:アニメ表現の陳腐化を乗り越える試みか? | ホーム | 『東京マグニチュード 8.0』:最低のファンタジーとアニメの敗北宣言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/132-9739e451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。