現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クラナドは人生(1)

『CLANNAD』(※After Storyは未視聴)

■「クラナドは人生」という言葉がある。(参照:http://d.hatena.ne.jp/keyword/CLANNAD%A4%CF%BF%CD%C0%B8)クラナドのジャンルを問われたときに2ちゃんねるで出てきた言葉らしい。ジャンルが「人生」というのもすさまじいが、この言葉にはインパクトがあったのと同時にやはりどこかでクラナドファンに響くものがあったということだろう。

■今まで、クラナドはTVシリーズ時にしても長続きせず、何度も観るのをやめてしまった作品だ。しかし、最近、クラナドを絶賛するサイトにぶち当たることが多くて、気になっていた。そんなに印象的な作品なのかといぶかしい気持ちで見てみたが、やはり、まだその絶賛の理由を理解できたとは言い難い。自身に、なんらかの読みとる能力が欠如している可能性がある。

■ここで、試論的に『クラナド』を突き放した感じで、現時点での一般的な「『クラナド』・愛」への考え方を示したい。まず、『クラナド』は「泣きゲー」と呼ばれるゲームであった点に注目する。つまり、ゲーム上ではプレイヤーが主人公となり、その世界に没入する構造を持っており、アニメ・クラナドも男性であれば、いわば主人公を通じて、物語に没入可能な演出を行う。もちろん、主人公を通じてだけではなく、この作品自体が「学校」を舞台としたアニメ作品に多いような、物語との距離感の近い作品である。たとえば、物語との距離感が遠いとは、たとえば、シリアスな設定で主人公に没入する余地が少ない作品をさす。有名どころでは、『攻殻機動隊』などだろうか。ふつうは、少佐やバトーになりたいとはあまり思わないのではないか。

■次にクラナドには「適度な」痛みと温かみがある。「適度」と書いたことは、誤解を生むかもしれないが、これこそフィクションの妙であり、「痛み」は家族の問題などへのリアルさを伴い、「温かみ」も家族といった身近なテーマを扱う。しかし、ハーレム状態、幽霊、主人公の強さなどは、かなりフィクション世界への欲望を刺激するものだ。このバランス感覚こそが、アニオタして「クラナドは人生」と言わせしめたのではないかと考える。


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/30(金) 02:08:30|
  2. 伝えようとするアニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<『君に届け』:私たちはこの地点から語りかける | ホーム | 『君に届け』:アニメ表現の陳腐化を乗り越える試みか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/135-f0dbe3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/05/09(水) 11:01:29 |

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。