現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ささめきこと 第13話:百合というつながりと携帯のつながり

■今年は「百合」アニメが熱かった年だった。その中で先日、最終回を迎えたのが『ささめきこと』である。毎回、登場人物たちの心情の機微を繊細に描いた良作であったことは確かだ。今回は、最終回だけを取り上げて「百合」の本質というか、携帯時代のコミュニケーションをあり方を考えてみたい

■主人公純夏が田舎に旅行に行ってしまう。いつもは携帯で意中の汐とコミュニケーションを取っていたので、連絡がつかなくなってしまう。そんな中で「失われたモノ=この場合は日常の何気ない会話」に二人(特に汐)が気づくことで、二人の間は微妙ながらも接近するという終わり方だ。二人の関係性についての物語としては美しい終わり方であった。

■しかし、ここでいわばダシにされているのが、田舎のコミュニケーションと都会の雑踏である。どちらも、つながりたい相手とつながっていなければただのノイズだといえる。しかし、田舎のコミュニティ、コミュニケーション描写が胸つきささるくらい痛いのだ。それは都会と異なり、いわば話しかけてくる相手を無視している純夏がいることだ。

■最近の物語における携帯の役割に注目していたので、ここでは、ある問題性にぶちあたる。ネットや携帯コミュニケーションを通じて、新たな共同体や人間関係が模索されている昨今、村八分という排除を機能させない透明化されたコミュニティが志向されている。しかし、携帯やネットはやはり目の前の人物からの語りかけをすっとばして、つながりたい相手だけとつながるという作用を持っていることは無視できないのではないか。

■倉田監督は、今回の最終回で、純粋な二人の関係を携帯をクローズアップすることで強調したが、同時にみんながつながりたい相手だけとつながっていくという社会性を問題にしたと考えるのは、考えすぎだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:ささめきこと - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/12/31(木) 05:30:11|
  2. ささめきこと
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
| ホーム | 『けいおん!』への相似をどう活かすか?:ソ・ラ・ノ・ヲ・トのPV>>

コメント

はじめまして

初めてコメント差し上げます。波のまにまに☆と申します。
いまさらで申し訳ありませんが、「ささめきこと」最終回の批評を拝読し、感銘を受けました。また携帯に関する留意については、同意見です。
この物語で携帯がキーになっているのですが、携帯が使えなくなってから純夏が見えたものが増えたのではと勘ぐっています。例えば携帯が使えなくなったことはアクシデントですが、同時に純夏にほのかな想いを寄せている年下の男の子がいたり、さらにその子を気にしている女の子がいたりというシーンは、純夏にとって、携帯というツールがあってもなくても、十分たちと同じシチュエーションが繰り返されているささやかな出来事が普通に転がっていること、それが純夏と視聴者が同時に見つけた大事なものだったのではないでしょうか?
拙ブログでもアニメ批評のまねごとをしておりますが、「ささめきこと」は高評価で、いずれきちんと題材にしてみたいと思っております。
  1. URL |
  2. 2010/02/13(土) 16:32:08 |
  3. 波のまにまに☆ #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. |
  2. 2012/10/24(水) 14:14:47 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/138-7c93a485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ささめきこと 第13話「CALLING YOU」

帰省することになった純夏。 汐ともしばらくお別れですね。 泊まるはずの親戚宅がボヤで、携帯の電波が届かない山奥の講武館へと泊ることに...
  1. 2009/12/31(木) 19:30:54 |
  2. SERA@らくblog 3.0

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/04/08(日) 04:16:02 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/05/09(水) 06:51:49 |

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。