現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「舞台装置」の使い方:『ロミ×ジュリ』(4)

romejuli_banner.jpg

現在、第12話まで視聴。

■さて、ストーリーが見えなくなってきている第12話現在(この状態がアニメを観る時間としては至福の時でもあるが…)、このブログでストーリー自体への批判を加えることは当面むずかしそうだ。そこで、今回は主題歌と各話の題について、少し考えてみたい。

■OP主題歌はLENA PARKの歌う「祈り~You Raise Me Up」、EDは12012の曲「 サイクロン」となっている。テーマ曲は最近では内容と関係なかったりする場合が多い。しかし、これに関しても『エヴァンゲリオン』は、曲を内容に関して効果的に用いることに成功している。これ以後、アニメ(特に漫画原作ではないもの)は、テーマ曲にもかなり気を配るようになった。『ロミ・ジュリ』の場合、「祈り」の起用が抜群に効いていると思う。

■前にも書いたが、『ロミ・ジュリ』に関してはストーリーの根幹は既知のものであり、あとはアレンジメントの問題である。そこでネオ・ヴェローナという世界観、脇役の配置などを効果的に示しているのが、OP曲であると思う。

■そして各話の題名だが、第12話の場合「安息~そのままで」は第11話のの平和で平穏な感じをにおわせる題名だが、その展開の急さたるや凄まじかった。テレビの前で「そこまで二人は一途か!」と心の中で叫んだ人も多かっただろうが、ストーリーの運びとしては矛盾もなく面白い流れだ。

■曲にせよ、題名にせよ、それらのディテールの工夫によって作品自体を盛り上げ視聴者を惹きつける、いわば「舞台装置」と呼べるものである。この辺にも気を配って見ると、集団で生み出す総合芸術としてのアニメの鑑賞も深みがますかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:ロミオ×ジュリエット - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/06/22(金) 09:32:09|
  2. ロミオ×ジュリエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<閉ざされた空間とテクノロジーの魔物:『Darker than Black』(1):空とアニメ(5) | ホーム | 「空」想する少女たち:『耳をすませば』と『時をかける少女』:空とアニメ(4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/16-9b6e5c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。