現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こどもに注目するが故の陥穽:『ぼくらの』(3)

『ぼくらの』(森田宏幸監督、2007年7月現在放送中)
公式サイト

■あまり重箱の隅つつきはしたくはないのだが、これからの展開の期待感を込めて、本作品での「オトナ」の扱いに注目して書いてみたい。といっても、各少年・少女の親などに注目するわけではない。

■今回は、国防軍軍人として登場する田中、関の二人についてだ。彼らは、国防軍の軍人として巨大メカ?ジアース(操縦すれば必ず死ぬ設定)の操縦者として志願した。

■本作品は、『ぼくらの』と題されるように子供たちの「セカイ」系としての意識が強い。ただ、軍人として自主的に死ぬ運命を背負ったふたりについては、今のところ、彼らの死をめぐる葛藤や掘り下げた描写は見受けられない。

■子供の登場キャラにも友人・家族がいるように、大人の彼らにだって友人・家族は存在する。それを「軍人」だからといって「当然のこと」として命をささげるというのは時代錯誤も甚だしいと言わざるをえない。この部分の細かい描写を今後、10話以上の残話の中で期待したいと思う。

関連記事:
『ぼくらの』(2)
『ぼくらの』(1)
スポンサーサイト

テーマ:ぼくらの - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/01(日) 06:59:46|
  2. ぼくらの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「セカイ系」を考えるとき(1) | ホーム | 巨大な「セカイ」は身近にある:『巌窟王』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/24-20c382e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。