現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観察される「オタク」(1):『げんしけん』

『げんしけん』(池端隆文、2004年)
Genshiken
公式HP
・ストーリー(Wikiへ

■いわゆる「オタク」には多くの場合、内向的イメージがつきまとう。実際、閉鎖的な世界感を持つ人が多いのかもしれない。ただし、趣味の世界とは常に閉鎖的であるのではないだろうか?

■また、オタクに注目するのは、彼らが「楽しそうに」「生き生き」と生活しているからでもあるだろう。オタク的に生きることは、実はそこに生きる糧としての「夢」が存在しているのだともいえる。

■では本来、アニメを愉しみ消費する側の「オタク」は、アニメの中ではどう描かれるのか?

■『げんしけん』で描かれるのは、一介のオタクたちの話だが、それを非オタク女性キャラ、春日部咲(かすかべさき)によって外からの眼差しを導入する。もちろん、これは閉鎖的なオタクというテーマを漫画やアニメとして「開放する」ためには必要な眼差しであろう。

■しかし、その春日部も「げんしけん」メンバーと学生生活をともにすることで「オタク」の魅力を発見するのだ。つまり、そこには「生きる原動力」が存在していることをだ。

観察される「オタク」(2):『N・H・Kにようこそ!』に続く…


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/28(土) 19:55:10|
  2. 観察される「オタク」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<問いは立てられた:天元突破グレンラガン(2) | ホーム | 13歳で死を受け入れられるか?:ぼくらの(7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/44-64e37466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。