現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニメ表現のひとつの到達点:『ゼーガペイン』

『ZEGAPAIN』(下田正美監督、2006年)
公式HP

■アニメは、実写と違い、戯画化されているのでフィクションであることがより自明なものとして表現される。
その点をうまく利用したのが本作品であり、これを実写化したりしても、アニメーションとして到達できた表現はできないだろう。

■何が現実で、何が実体で、何が本物なのか。
ゼーガペインは、是こそが我が痛み=是我痛=ゼーガペインとして、「心の痛み」や「想い」こそが実であると独特のストーリー設定によってうまく伝えている。だからといって、身体をめぐる問題を無視しているわけではなく、ただ、「心の痛み」の重要性をうまく指摘しているのだ。

■OP曲の歌詞にもあるように、誰かの夢の中をさまよう自分。自分が思う誰か。その存在論を不思議な雰囲気を保たせながら描いている。

■ちなみに本作品は、夕方の時間帯で放送されていた。この点もアニメの深夜化が激しい中で評価できよう。

ZEGAPAIN


スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/08/23(木) 19:33:34|
  2. ゼーガペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<空っぽのアニメ:総括ライディーン | ホーム | 故郷を失った人類:『地球へ…』(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/61-baf89d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。