現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「テレビ・アニメ」に頼りすぎた表現:『ロミオ×ジュリエット』(7)第23話

ロミオ×ジュリエット
romejuli_banner.jpg


■最終話直前の第23話だが、この期までやはり、ジュリエット中心の語りと内面の描写が続いたのは残念だ。ロミオの内心・内面と葛藤もうまく描く工夫は全体を通じてもっとなされるべきだった。

■以下は、第23話限定の話題になるのだが、ジュリエットは自分の身を捧げ世界を救うために、ロミオは愛する者の運命を受けとめるために、互いに刃をまじえることになる。その際に、ジュリエットが最初から「ロミオの刃から気持ちが伝わってくる」などと「一人語り」するのだが、もし二人の心情をもっと抉り出して前から丁寧に描いていたのであれば、これは無駄な説明で、ただ刃を交えるシーンをセリフなしで流すことができたのではないだろうか。

■テレビ視聴者が思考停止(欲望主導)的な条件反射による消費者と化しているのは事実であり、説明過多になってしまうのは現実だが、この場面こそは、含みと無言の描写を効かせる最高のシーンであったのでないか。

■最終話前だが、全体的な批評としては、モンタギュー公と大樹エスカラスの話の落差が大きすぎ、前・中半と後半が分断される構成になっている点は残念としかいえない。

・ブログ内関連記事
ロミオ×ジュリエット』(1)~(6)


romijuli2

スポンサーサイト

テーマ:ロミオ×ジュリエット - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/09/20(木) 00:17:41|
  2. ロミオ×ジュリエット
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<アニメと希望:『地球へ・・・』(3)第24話(総括) | ホーム | 「身近な萌え」に潜む恐怖:『ひぐらしのなく頃に』>>

コメント

そもそもスタートが間違い

原作どおりにハイビジョンな悲恋アニメにすれば良かったんだよ。
空中都市だのモンタギューが悪玉でキャピュレットが善玉なんていう仕切り自体、もう最初から終わってるっつーの。監督もバカだよねえ。原典(もちろん英語の原語版)読んだことないんだろーな。

はっきし言ってこれは、アニメだから許される的な安易なストーリー改悪のシロモノであり、しかも発想の原点は日本的な忠臣蔵あるいは遠山の金さんや水戸黄門にあると言っていい。
おっしゃるように、まずはたとえばエスカラスがなぜヴェローナ大公ではなくワケわからんお化け樹なのかを第一話できちんとすべき。ストーリーの順序というものはアニメであっても守らなくちゃ。アホな創作まがいのサギ物語ならいざ知らず、シェークスピアの芸術作品を踏み台にする暴挙だけでも許せんのに、この支離滅加減はあきれてモノが言えんな。
やたらきれいな画像と音楽でそれらが許されるなんて思ったら大間違い。しかもぬけぬけとDVDまで売りに出すドロボー根性には恐れ入る。

まぁ、古今東西これほどひどいイカサマ番組は類を見ないですな。
シェークスピアもきっと泣いてることだろう。
  1. URL |
  2. 2007/09/20(木) 05:41:30 |
  3. ogigi #wr80fq92
  4. [ 編集]

>ogigiさま
コメントありがとうございます。
いやはや舌端鋭く、厳しい評価をなされていますね。
とりあえず私は、最終話でのオチに淡い期待をいだいています。
  1. URL |
  2. 2007/09/26(水) 10:30:04 |
  3. ac(管理人) #6urEx/7U
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/65-1dc92843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ロミオ×ジュリエット 第23話 「芽吹き~死の接吻~」

ロミオ×ジュリエット -III- ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェローナ城は取り戻された。コンラッドは戴冠の儀を進めようとするが、ジュリエットはエスカラスへ導かれ、オフィーリアの元へ向かっていた。すべての人を救う為に。その頃ロミオは、ティボルトにペト...
  1. 2007/09/20(木) 16:29:00 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。