現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「たら」「れば」という妄想を打ち砕く:『天元突破グレンラガン』(6)第26話

『天元突破グレンラガン』(今石洋之監督、2007年9月現在放送中)、公式HP
■ヒトの形を成しヒトであるがゆえに、可能性を妄想し、その中で苦しみのない世界で生きてゆきたいと願う。『グレンラガン』は既に超銀河レベルにまで達した世界観によって、次元や時空を相手に戦うという事態になっている。その中で「違う世界」に囚われてしまうシモンとその仲間たち。しかし、そこが心の中であるがゆえに、アニキは息を吹き返す。

■そして彼は問う。「どちらのアニキかを選べ」と、そして「たら」「れば」ではなく、今ある自分を感じ、知ることの大切さをシモンの心(妄想宇宙)の中で伝える役目を果たす。

■この中では、いわばアニメという「虚妄」に取り込まれそうになり、「生きる痛み」の逃げ口を求める視聴者に対しての痛烈な攻撃を与えている。もちろん、これは朝8時代からアニメを早起きして観ている健全な少年・少女たちにとっては痛烈でもなんでもなく、「今を生きる大切さ」程度のメッセージであるが、アニメ中毒、現実逃避、引きこもり、ダメオタ、などなどなんでもよいが、その手の「いいオトナ」には痛烈だ。同社ガイナックスのエヴァンゲリオンでなされたアニメ側からの批判が、またここでもなされている。

■前回の
『グレンラガン』(5)の記事で、私は、少年の欲望を満たすアニメと評したが、これは撤回しなければならない。

■少年の欲望は、青年期を迎え頓挫し、痛みを伴いながら「社会化」されていく。しかし、少年の欲望、換言すると生活内のささやかな希望と夢は、何歳になっても重要な生の要素である。「たら」「れば」に逃げやすい私(あなたも?)だからこそ、『グレンラガン』の放つメッセージは重く響く。

・ブログ内関連記事
『天元突破グレンラガン』(1)~(5)

スポンサーサイト

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/09/23(日) 22:07:05|
  2. 天元突破グレンラガン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<死の事実を継承していく…本当にそれでよいのか? | ホーム | アニメと希望:『地球へ・・・』(3)第24話(総括)>>

コメント

コンバンワ
最近ネブソクダ
コワイハナシッテオモシロイネ
  1. URL |
  2. 2007/11/07(水) 09:27:44 |
  3. hirosi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/67-ae9ccd96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第26話「いくぜ ダチ公」

品質評価 36 / 萌え評価 20 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 17 / お色気評価 12 / 総合評価 19レビュー数 111 件 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦?...
  1. 2007/09/26(水) 18:03:47 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。