現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自身で掴み取るということ。:『電脳コイル』(2)

『電脳コイル』(磯光雄、2007年)
(ネタバレあり。)

■『電脳コイル』は、「子供の世界」を大切にした良作であった。NHK教育で放送されていた点も重要だが、決して子供をバカにしたような作りではなく、子供の視線を大切にストーリー化できたことが素晴らしい。

■「子供の世界」とはつまり、主人公ヤサコが幾人(匹)かに助けられながらも最後に自分自身で見出した「大切なもの」だ。「子供の世界」と書くと幼稚な類のものと誤解されやすいが、自分自身の大切なものや気持を発見するという年齢に関係ない行為を意味したい。

■第24話「メガネを捨てる子供たち」以降のヤサコの悩みによってクライマックスに向けて、このことが明確化されてくる。そのなかで、印象的なシーンのうちのひとつが、お母さんの言葉「見えないものではなく、手で触れるものをを信じなさい」というもっともな「お説教」に対して、ヤサコは違和感を覚えていく過程だ。

■このように「親の言葉=正しく人を導く言葉」としてよく描かれるが、主人公たちにとってはそれを疑問視し、自分にとっての「正しさ」を自身で、しかも他者との関わりの中で見つけ出した過程を描いたことは何よりも評価されるべきであろう。

■仮想世界であってもそれがその人の心の中で重要な位置をしめているならば、「真」であるというメッセージは、磯監督が色々と関わった『ラーゼフォン』においてもすでに示されていた。しかし、本作品ではもっと強烈なメッセージとして一少女が自分の生きる指針を痛みを伴いつつ手に入れる過程をうまく描いているのではないだろうか。

■自分自身で大切なものを苦しみながらも発見し、自身の身として成長するという行為は、当然ながら大人になってからでも必要な生活のプロセス(もしくは糧)である。
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/01/08(火) 02:07:37|
  2. 電脳コイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜ、「ガンダム世代」は新ガンダムを忌み嫌うのか? | ホーム | すべてを「美しく」描いたが・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/75-9915f85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。