現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

単純なドラマを濃密に歌い上げるということ:『マクロス フロンティア』

『マクロス フロンティア』(河森正治監督、2008年7月現在放送中)

■『マクロスF』は多くの旧来のファンに向けられただけではなく、新たなファン層も獲得しているようだ。『マクロス』シリーズを貫く、「恋愛」「歌」「空(宇宙)」「メカ」という柱を上手くミックスさせることで視聴者の関心をひいている。ここに、多くのアニメ・ドラマに見られるように「恋愛」や「メカ」が分断されているような失敗はない。ここで効いているのが「歌」の威力だ。

■「歌」は「カルチャー・文化」として、河森監督が本作品で最重要とするほどに大きな役割を担わせている。アニメーションが、歌を通じてアニメ本来の要素の一つである「文化性」が引き出されている点が素晴らしい。また、戦争を歌で覆い尽くし凌駕するというお決まりのシーンもやはり圧巻だ。

■この作品も、実際はかなりベタベタなストーリーなのだが、観る者を惹きつけるためのこのような工夫が各所に見られる。同じTBS系の『コードギアス R2』の「恋愛」と「戦争」のコントラスト・分断と比較してみると面白いかもしれない。しかし、こちらはこちらで主人公ルルーシュの「智謀」によって結びつけられているとも解釈できるが。


スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/04(金) 12:52:40|
  2. マクロスF
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「セカイ」を壊すリスク? | ホーム | 『図書館戦争』という曖昧さ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/87-fddd00d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第13話 「メモリー・オブ・グローバル」

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc) 機体の不調によりガリア4に不時着したアルトとランカ。久しぶりにゆっくりと会話を交わす二人はなんとなくよい感じ。一方、体調が回復したシェリルはミシェルと共に二人を探しに行く・・・。
  1. 2008/07/04(金) 21:33:56 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。