現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ポスト・エヴァ」の隠れた名作:『ペルソナ トリニティ・ソウル』

『ペルソナ トリニティ・ソウル』(松本淳監督、2008年)

■先月、放送終了した全26話構成の『ペルソナ』だが、ゲーム原作といってもその世界観の一部を継承しているだけで、アニメーションオリジナル要素が強いことから、独立した作品としてみなしてよいと思う。先に感想から書くと、最初から最後まで物語的に練られた作品であった。ついつい(?)見直してしまった。オススメだ。

■「ポスト・エヴァ」的なセカイの解釈にまでいたるストーリーの流れ方はまとまっていて、自己の「ペルソナ」をどう解釈していくか、または意識とセカイのつながりに関しての解釈も興味深い。実は少しネタバレだが、『RD潜脳調査室』を先に視聴した(現在も同作は放送中だが)私には、少し新鮮味には欠けた点はあった。しかし、それに「家族」の要素をうまくかけ合わせてきた点がドラマとしての印象度を増している。端的に、それは最終話最後のエンディングロールが流れるシーンに凝縮しているといえる。

■厳選された限られた主人公側のキャラクターを丁寧に描き出したことにより、素晴らしいドラマを作れたと思う。ただし二点だけ問題がある。まず、敵としての「マレビト」側のキャラ描写が弱いということ。そして、最近の流行りである学園モノとしての安穏とした空間の描写は少なかった。後者の好悪は個人の趣味ということだろうが、個人的にはこのままでよかったと思う。ただし、それでは視聴率が取れないのが現代アニメの問題点であるのだが・・・

★視点・補助線
・「セカイ」と意識の関係性をめぐる解釈。
・最終話エンディングテーマまでの線引きの巧みさ。
・学園モノの「のほほん」感、「同窓会的ヌルさ」の欠如をどう評価するか?


スポンサーサイト

テーマ:ペルソナ~トリニティ・ソウル~ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/09(水) 01:00:46|
  2. 伝えようとするアニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜマクロスFは「面白くない」のか?:『マクロス フロンティア』(2) | ホーム | 「セカイ」を壊すリスク?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/90-9e1e6431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。