現代アニメ批評-アニメをさらにおもしろく-

現代アニメのストーリー面を主に批評していくブログです。自分の着想や視角をアニメーションをよりおもしろく観る「補助線」として書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『らき☆すた』における家族像

らき☆すた』(山本寛、武本康弘監督 2007年)

★視点・補助線
・『らき☆すた』の中の家族像とは?


■『らき☆すた』について前の「学校の役割」では触れられなかった点について。本作にはメインキャラクターの多くの「家庭」が描かれているという特徴がある。学校の役割についてと同様に、そこにはファンタジーが渦巻いている。ここで表現されている家族像は、「そうありたい」と願う、温かい家族像を提供しているといえる。

■ここには、『らき☆すた』が表現したかったもの、もしくは『らき☆すた』を見る側が欲したものがあらわされている。学校・家庭という「気持ちのいい」空間だ。そこでは摩擦すらも心地よく、「みんながわかりあっている」という前提が存在する、濃密(ハイ・コンテクスト)な空間を描いている。

■人は常に何かに帰属し、どこかに「帰る場」を欲するのが常だが、『らき☆すた』では学校の描写と同様に家族・家庭の描写が多く、そこに視聴者はそこにも「ユートピアとしての故郷」を見ているのかもしれない。

■通常は、オタクの濃密さと家族の結びつきは相容れないことが多く、つまり、親の趣味と子供の趣味がアニメ・マンガ・ゲームで重なることは現10代ならありえるが、20代以上ではほとんどないだろう。『らき☆すた』がそのネタ的に、10代も範囲内としてもやはり20代以上の支持を大きくえていると考えれば、『らき☆すた』の家族像は、まさにその世代間の矛盾点を克服した像を「こなたの家族」で提示しながら「かがみの家族」ではサザエさん的な理想図が提供されているといえる。



にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
スポンサーサイト

テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/07/20(日) 15:13:18|
  2. 観察される「オタク」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たまに観るならこんなアニメ:第一回『創聖のアクエリオン』 | ホーム | Frontierとはいったい何か?:『マクロスF(3)』:第15話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://animecritic.blog108.fc2.com/tb.php/94-20572fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

anicri

Author:anicri
批評によって「アニメをより面白く」がモットーです。
色んな角度からアニメを観る試みをしたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。